« FCI近畿インター #2 | トップページ | ショーについて#2 »

ショーについて#1

「ビーグルには、アメリカンタイプイギリスタイプがありまして、さらに

ショータイプフィールドタイプがあるんです。それでもって

ショータイプに当てはまらない犬はペットタイプ、です。そしてさらに…」

そう、同じ犬種なのに、その中でも、微妙な違いを持ったさまざまな「タイプ」

存在し、「タイプ」によって顕著な差が見られるんです。

人間の嗜好による選択交配に加え、その時代の求めるもの

(若しくは流行)によってまた違うんですよね

つい数年前まではサイズの大きいビーグルなんて見向きもされなかったのに

今はその逆ですからね

(5年でタイプが変わるといわれていたのは昔のことで今は2年で変わるといわれました)

「スタンダードに沿った健全なビーグル」というのは、単なる流行とかでなく

ブリードするにあたっての大原則だと思いますが

その標準がどこら辺にあるかが、それぞれのブリーダーで微妙です

もっとも、犬種に見られるタイプの区分に科学的な裏づけなどなく

またそんなことは犬種標準にすら記載されていないのでcoldsweats01

« FCI近畿インター #2 | トップページ | ショーについて#2 »

ドッグショー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409943/34825999

この記事へのトラックバック一覧です: ショーについて#1:

« FCI近畿インター #2 | トップページ | ショーについて#2 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カウンター