« ショーについて#1 | トップページ | 近畿インター#3 »

ショーについて#2

審査というのはいろいろな見方があるので,その都度違う結果が出て当然

そこをどう読み解いて取り入れられるか、が大事ですし

ジャッジの”重きを置いている点””好み”それが全て同じ方向を

見ない限り勝ち残っていくことは難しい、っていう感じになります

0301057

2009中部インターのジャッジ(アメリカのハウンドのスペシャリスト)

ウィンさん負けましたがとても明快なジャッジングされてました

チャーリー兄は見事BOB獲得

チャーリー兄のハンドラーさんとメロディ姉はヨーロッパスタイルであまりトリミング

しませんね、わざとしてないんですからね~

そういえば数年前のアジアインターで胸を刈り上げたビーグルを見て激怒した

イギリス人ジャッジいました

Dsc_0708

去年の御殿場のショーのジャッジ(北欧のハウンドのスペシャリスト)

歯をひじょ~~~に厳しく見られまして噛み合わせで数頭リングアウト、

歯垢がついてた場合減点されてました

他にも爪を短くつめた場合動物虐待だとする方(もちろん外人ジャッジ)

もいますし、国によって人によってとらえ方は様々なんです

もうすぐ中部インターですがビーグルはスロバキア人ジャッジ

(FCIのボードメンバーでスロバキアKC会長、ハウンドグループのスペシャリスト)

いったいどんなジャッジングされるのでしょうか?

中部インターは毎年工夫こらしたことされていますが今回は

出陳目録を海外のショーみたいに保存版にカタログ形式になるとのことですよ

« ショーについて#1 | トップページ | 近畿インター#3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409943/34827136

この記事へのトラックバック一覧です: ショーについて#2:

« ショーについて#1 | トップページ | 近畿インター#3 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カウンター