« 伊賀ベストドッククラブ展 | トップページ | FCI中部インター2010 #2 »

FCI中部インター2010 #1

今日のショーを見られた方はお分かりかと思いますが

異様な審査風景でした

ヨーロッパのジャッジは丁寧で犬をしっかり見て・・・

というイメージを持っていたんですがね~

触診から雑、適当(2~3秒しか触らない)で日本人の方がよっぽど

ちゃんと見てくれます

アップダウンも数歩で戻らせラウンドは合図だけして

短評書いてるので全く見てない

書き終わってもまだラウンドしていたら急げと手をくるくる回す

結局オスもメスもサイズの大きい順に並ばせて決まり

ウィンさんは近所のショーなので出したまでで

仕上がってる状態でもなくあきらめがつくものの

遠くからきて朝早くから準備してたのにあんな審査されたら

乱暴な扱いされたらトラウマになってショーやれなく犬だって

いますよ

ショーの様子いつもビデオに撮っていますがこれだけは

どこかにアップしようかな

もうヨーロッパのジャッジはごめんです

« 伊賀ベストドッククラブ展 | トップページ | FCI中部インター2010 #2 »

ドッグショー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FCI中部インター2010 #1:

« 伊賀ベストドッククラブ展 | トップページ | FCI中部インター2010 #2 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カウンター